その日はまーちゃんと、ヒップホップダンスの体験入学(というか見学)に行きました。

まーちゃんに運動をしてもらいたいなぁと思っていたしいくいん。
まーちゃんが昔からダンスを習いたがっていた事を思い出しました。
兄が、まーちゃんに習わせると具体的な話までしておいて、結局習わせなかったがっかりな話・・・。
最初からしないと決まっていればしいくいんがセッティングしたものを。
(結局歌だけ習わせることになった)

まーちゃんにどうか聞いてみると、「習わせてくれるならやってみたい」と言いました。
この為に、一緒に電車に乗って隣の駅にあるダンスレッスンを見に行きました。

皆すっごく身体能力が高い。
縄跳びも前跳び30回、跳び箱も飛べないドスコイ体型のまーちゃんがどこまでできるのかしいくいんは不安。
しかし、やりたいって言ってるし先生も心配しなくていいからと言ってるから大丈夫かな。
衝撃でまーちゃんは固まった挙句泣いていましたが。
それでもやりたいと固くうなづきました。

ヒップホップ教室に通うことは決定!
まーちゃんと帰りながら、今日のお夕飯何が良いか?という話になりました。
遅くなったし、(冷凍)餃子かなーとつぶやくしいくいん。

まーちゃんが、「餃子の作り方知りたい」と言いだし、え!?手作り!?
まぁ、それもいいか、と餃子づくりをしました。
今日はパン吉さんは飲み会でいないし。二人でクッキングだ!

IMG_5026
ひき肉って冷たいよねー。
手でコネコネするのにすぐまーちゃんは音を上げました。

しいくいんの手は働き者の象の皮を持つ手。
主婦って熟練するほど熱さとか冷たさに強くなるよねー。
こないだ400度のはんだコテで指火傷したんですけど、皮膚が焦げた匂いがしたわりにすぐに治りました。
日々鍛えてると違うわ。

まーちゃん餃子を上手に握ってくれました。
手作りの餃子ってすっごく美味しいよね。
IMG_5025
いつの間にかにパン吉さんが帰って来てもう一回ご飯食べていました。